立てこもり事件はなぜ起きた?佐々木美玲センター曲はここで生まれた

心が沈んでいる芸能エンタメ

さる2017年4月16日、「サイレントマジョリティー」にてメジャー・デビューした欅坂46(現櫻坂46)が、デビューからちょうど1年を記念して、欅坂46 1stアニバーサリーライブを行いました。

会場は東京・国立代々木競技場第一体育館、来場者はおよそ12000人を数える大熱狂の場に、後に日向坂46として大ブレイクすることとなる、当時まだひらがなけやき(けやき坂46)だった一期生メンバーも出演していました。

この記念ライブで行われた特筆すべき出来事は、なんといっても、けやき坂46新メンバー募集のサプライズでした。

ところがこのサプライズには、後に語られて判明した重大な事件が裏で起きていたのです。

ライブでサプライズで流すはずだった「2期生募集」の告知映像が、スタッフの手違いでリハーサル中に流されてしまったという。当時まだ知名度も今ほどではなかった1期生たちは、ショックを受け号泣。佐々木は「みんなとりあえず、1人になりたかった。号泣だったから、『とりあえず部屋に入ろう』ってなって」と説明。メンバーが衣装部屋に入ったところで、「私がカチャッてやっちゃいました」と、部屋にカギをかけて立てこもり状態にしたという。

引用元:スポニチスクエア

これが、ひらがなけやき時代に起きたいわゆる「衣裳部屋立てこもり事件」です。

大きなショックを受けていた一期生メンバーたちも、今は大人気のグループ日向坂46となって幾分落ち着いたのか、当時のことをTV番組の中で話す機会が多くなってきたようです。

しかし、メンバーの口からその話を聞いて全貌が明るみになってくると、新たな疑問が沸き起こってきました。

すなわち、なぜ、立てこもり事件が起きたのか、ということです。

もちろん、スタッフの手違いによって、サプライズ映像をメンバーに見られてしまったことが原因であることは間違いありません。

疑問を抱いているのは、そのことではありません。

つまり率直に言うと、本当はスタッフのミスなどではなく、仕組まれたものではなかったのかと言う疑問なのです。

時間が経っているので調査は叶いませんが、個人的には可能性は五分五分の説だと感じています。

この記事では、上記の説に即して立てこもり事件が起きた真相を解説するとともに、特にこの立てこもリ事件が佐々木美玲さんに与えた大きな影響についてお話します。

日向坂ファンの方はもちろん、将来芸能関係の仕事に携わりたい方に有益な情報となるでしょう。

 

 


※この記事は独自の取材とルートで得られた情報に基づいて作成しています。

 

スポンサーリンク

立てこもり事件はなぜ起きた?佐々木美玲センター曲はここで生まれた

立てこもり事件の不可解な点

もう一度確認すると、立てこもり事件の発端となったのは、「新メンバー増員」の映像をスタッフがひらがなメンバーが裏にいることを知らずに、テストで流してしまったというのが真相とされています。

だとすると、少し不可解な点があるのです。

  1. 映像テストのタイミング
  2. 別カメラの存在
  3. スタッフの情報共有意識の甘さ

以下、詳しく解説します。

映像テストのタイミング

この点が最も不可解な点です。

ステージ上の大画面にきちんと映像が出るかどうか本番前にテストすることは、何もおかしなことではありませんが、いくつもの偶然が重なり過ぎています。

  • たまたまひらがなメンバー全員が裏に残っていたこと
  • たまたまモニターが見える位置にいたこと
  • テストすべき映像は複数あったはずなのに、たまたま「新メンバー募集」のサプライズ映像をテストしたタイミングだったこと

メンバーが後に語ったところによると、メンバーの高瀬愛奈がトロッコの演出で迷っていたので、全員が裏に残って引き続きリハを行っていたといいます。

リハを続けていたとされる詳細な時間はわかりません。

「裏」というのが代々木第一体育館のどの位置を指すのかも不明瞭ですが、モニターがある場所に全員が残っていて、そのタイミングでサプライズ映像がテストされたことはわかっています。

別カメラの存在

後に公開された日向坂46のドキュメンタリー映画に、この時の様子が一部映像として残っていたことも少し不可解です。

AKB時代から、イベントやライブの折には「ドキュメント」映像を残しておくために、別カメラがメンバーに付いて回っていたことはよく知られています。

例えば、スキャンダルで卒業するメンバーが皆に謝罪している様子など「よく撮れていたな」と思うことがありますが、それらは全てこの別カメラが回していたものです。

「新メンバー増員」の映像をひらがなメンバーが見てしまった時、この別カメラの担当はメンバーが裏に残っていることは知っていたはずなのです。

スタッフ同士の連携がとれていなかったのか、お互いに受け持ちが別だから無関心だったのかはわかりませんが、不可解な部分です。

スタッフの情報共有意識の低さ

前述したようなスタッフ間の情報共有がないのが不可解なのと同時に、サプライズ情報の漏洩に対してあまりにも杜撰だったことも不可解に感じます。

例えば、いち民放番組であってもゲストの存在を伏せるなどの番組趣旨があった場合、厳戒態勢で漏洩防止につとめるものです。

そうでなければ、番組自体が根本から成り立たなくなることが多いため、リハの時間等も十分気をつけています。

この時の欅坂46 1stアニバーサリーライブは、漢字21名、ひらがな12名の計33名が出演していました。

慣れているスタッフであれば、この33名が本番前にどこにいるかもわからないのに、サプライズ映像を不用意にテストすることは非常に考えにくいのです。

 

 

 

「新メンバー増員」映像は故意に流された

以上のように不可解な点が多いので、あのサプライズ映像はデストなどではなく、ひらがな一期生にわざと見せるために流されたのではないかと言う話がだんだんと現実味を帯びてきました。

それでは、これが仕組まれたものだったとして、そこにどんな意図があったのでしょうか。

それは、運営がひらがなけやき一期生の反応を見るためのシナリオだったのです。

ただし、映像を見てしまったひらがなメンバーが衣裳部屋に立てこもってしまうことまでは予想外だったように思えます。

爪痕を残したのは佐々木美玲の反応だった

当時、ショックを受けたメンバーがどのような反応だったか、加藤史帆さんは後にこう語っています。

「泣きわめいている人もいれば、怒っている人もいれば、ライブ出ないって言っている人もいたりとか、(中略)」

引用元:「3年目のデビュー」予告編

憤慨するメンバーの中で、衣裳部屋のカギをかけ、涙をながしながら「もう、皆やめよう」と言い出したのが佐々木美玲さんでした。

いわば、この衣裳部屋立てこもり事件首謀者と言っていい存在であり、運営の立場からしてみれば、これを良しとは思わないはずで、佐々木さんは今後厳しい目を向けられるだろうと誰もが思うはずでした。

ところが、案に相違してこの約1年後、運営は思いもよらない逆の反応を示すことになるのです。


佐々木美玲センター曲「イマニミテイロ」誕生

日向坂46となって活躍する今の彼女たちからは想像できませんが、ひらがなけやき時代はどうしても欅坂46(現櫻坂46)の陰に隠れて、不遇の時代を過ごしてきました。

そんなひらがなけやきを代表する楽曲を世に出すとするならば、おそらく「負けてたまるか」と言った反骨精神。

「イマニミテイロ」から「期待されていない自分」に至るまで、まさしくその歌詞に込められた悔しかった想いは誰の目から見ても明らかです。

強い反骨の想いが込められたこれらひらがなけやきの楽曲を、センターで堂々と歌い踊れる人物、それは、誰よりも怒りと悲しみを爆発させていた佐々木美玲さんが適任だと運営の目には映ったのでしょう。

 

 

見なくなったDVDや関連グッズなどもしありましたらお売りください⇒

アイドルグッズの高額買取【アイドル館】手数料無料

卒業した学生の方はもう使わない教科書がもしあればお売りください⇒
大学教科書・専門書・医学書 専門買取サイト「専門書アカデミー」



 

その後、2期生と

2期生が加入してからの日向坂46の目覚ましい活躍ぶりは、周知のとおりです。

佐々木さんたち一期生は、ある番組内で立てこもり事件について話す中で、「2期生が加入してくれて良かった」と言うような趣旨の話もしています。

日向坂46に改名してからは、小坂菜緒さんがセンターを務めることが多くなりました。

 

 

 

小坂菜緒さん1st写真集発売決定!→【楽天ブックス限定特典】小坂菜緒 1st 写真集(仮)(楽天ブックス限定カバー)


 

佐々木美玲さんのセンター曲は、反骨精神が強く表れた楽曲から、女の子らしい「アザトカワイイ」へと変化しました。

そして、新曲「君しか勝たん」へとつながっていきます。

この点についても大きな意味があるのですが、それは「君しか勝たん」が発売されてから詳しく記したいと思います。


 

まとめ

  • 衣裳部屋立てこもり事件はスタッフのミスが原因とされているが、意図的に仕組まれた可能性もある
  • そのようなシナリオが仕組まれた理由は、運営がひらがなメンバーの反応を窺う目論見があった
  • 運営がこの時感じたあるメンバーに対するインスピレーションは、約1年後に佐々木美玲センター曲となって形となった

 

日向坂の最新情報が無料で届くアプリ↓

【スマートニュース】

 

佐々木美玲さんは女優としても活躍中↓

「賭ケグルイ」佐々木美玲のドМ演技は生田絵梨花よりも絶賛される?
およそギャンブルをテーマとした漫画やアニメにとって、幸せな結末は描かれにくいものです。 それは、読者にとって最も興味をそそられるのが、賭け事に興じる人の本性、すなわち狂気であることと無関係ではありません。 「カイジ」シリーズなど...
スポンサーリンク
芸能エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
スポンサーリンク
いりうわのブログ

コメント