賀喜遥香にプレバトの才能アリは必要ない?金村美玖と何が違うのか?

消しゴム 芸能エンタメ

2021年4月8日(木)夜7時から放送される「プレバト」に、またしても坂道グループからメンバーが一人参戦します。

今回は消しゴムはんこの才能ランキング戦で、乃木坂46の四期生賀喜遥香さんが初登場です。

 

 

【消しゴムはんこ】賀喜遥香(乃木坂46)が初登場!石野、早見、野田クリスタル(マヂカルラブリー)とランキング戦を競う。「プレバト!!」を小学校の時から家族で見てきた賀喜は、念願の出演で消しゴムはんこ査定に初挑戦する。1ランク上を目指す昇格試験にはくっきー!(野性爆弾)が挑戦。査定するのは田口奈津子先生。果たして先生が大絶賛する作品を作るのは誰!?

引用元:TBS番組表

昨今は、「プレバト」の才能ランキング出演者のアイドル枠を、専ら坂道グループで固められつつある、そんな感じもしてきました。

ただ、こうなってくると、「プレバト」に出演して才能開花したことがプラスとなるメンバーと、あまりそういった恩恵にはあずかれないメンバーとに分かれてきます。

前者の代表的なメンバーは紛れもなく、日向坂46の金村美玖さんでしょう。

スプレーアートで才能あり1位に選ばれたことから、絵の才能が広く認知された上、「プレバト」にはそう期間を空けないうちに、その後も2度オファーがあり出演を果たしています。

 

 

一方、「プレバト」に出演してその才能の片鱗が垣間見られても、金村さんのようにその後のアイドル活動に明確なプラス要素とはなっていないメンバーもいます。

それは、元々「プレバト」へ出演することが自らの才能開花が目的ではなく、アイドル活動における何らかの告知のためである場合が多いことから、決して大きな問題ではありません。

しかし、出演する以上は金村さんのような大きな結果を残したいというのがアイドルにとっての本音です。

さて、今回の賀喜遥香さんはどうなるでしょうか。

率直に言うと、賀喜さんが消しゴムはんこをきっかけに大ブレイクしていく展開はあまり現実的ではありません。

それは、才能の有る無しに関係なく、爪痕を残した金村さんの時とは随分と状況が異なるからです。

具体的には、

  1. 前評判が真逆
  2. 光宗薫の存在
  3. アートと版画

主にこれら3つの要素が高い壁となって、賀喜さんがたとえ才能アリ1位となっても、金村さんほど大きな話題とはならず、再び「プレバト」から声がかかることも難しいでしょう。

以下で、詳しく解説していきます。

この記事は、坂道アイドルのファンはもちろん、将来、芸能関係の仕事に携わりたい方にとっても有益な情報です。

 

賀喜 遥香(かき はるか、2001年〈平成13年〉8月8日 – )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバーである。栃木県出身。身長166 cm。血液型はA型。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

※この記事は独自の取材とルートで得られた情報に基づいて作成しています。

 

賀喜遥香にプレバトの才能アリは必要ない?金村美玖と何が違うのか?

前評判が真逆

率直に言って、賀喜さんの絵やイラストの上手さ、手先の器用さは非常に優れています。

自身の公式ブログでも、実際に作成した鬼滅の刃の消しゴムはんこを過去に公開していたこともあり、かなりの腕前であることはファンの間でも有名です。

こういった面を鑑みれば、今回の才能ランキング出演は賀喜さんにとってうってつけの舞台であり、まさしく賀喜さんのために企画されたようなものだと言えます。

しかし、こういった好意的な前評判が今回はマイナスの方向に働いてしまう可能性があります。

金村さんと比較してみれば、その理由も理解しやすいでしょう。

金村美玖の前評判

日向坂46の金村美玖さんも、よく絵やイラストを描き上手だとの声が多くありました。

しかし、それはあくまでアイドルが描くものであり、一般的なレベルから判断して上手いと感じたファンの声が大半でした。

それが、「プレバト」の才能アリ1位に選ばれたことで事態が一変したのです。

スプレーアートという多少特殊なアート作品だったとは言え、プロも認めるレベルの作品を描きました。

 

なぜ1位になれたかは、別の記事で詳しく解説しています。

 

つまり、特筆すべきはこの意外性にあります。

そもそも金村さんのイラストは、どこかの隅にちょこちょこっと描いていたり、番組で紹介されるくらいの簡単なものでした。

それが、実際にはあれだけの大作を描くことができるということが、ファンの方たちにとっても大きな驚きだったのです。

 

金村美玖作 丹生あかり

金村美玖が描いた丹生ちゃんの絵

 

賀喜遥香にとって高いハードル

今まで実力がわからなかった金村さんとは違い、元から器用で消しゴムはんこも上手いと言われる賀喜さんの期待値は今、ぐんぐん上昇しているような状態です。

多くのファンからは、才能1位も十分あり得るとさえ言われています。

このような「才能が認められて当たり前」といった雰囲気が蔓延してしまうと、本当に才能アリ1位に選ばれたとしても、金村さんほどの衝撃は生まれにくいのです。

 

 


 

光宗薫の存在

光宗薫さんは元AKB48で、同じく「プレバト」で才能開花したボールペン画や水彩画の実力者です。

すでに個展を開いているほどのプロのアーティストです。

 

 

実は、金村さんが「プレバト」に出演する時は、必ず光宗さんが共演者としてオファーされます。

この点について詳しくは、前述の別記事を参照ください。

 

さて、光宗さんは、秋元康プロデュースのアイドルを卒業した中で画家として成功している先駆者の一人です。

このような先駆者と競わせることは、仮に金村さんがアイドルとアーティストの二足の草鞋を履くこことになったとしても、またはアイドル卒業後の進路にとってもプラスになります。

一方、賀喜さんに関して言えば、そのような共演者は見当たりません。

これは、今回の「プレバト」で賀喜さんが消しゴムはんこの才能を開花させて、今後に活かしていくと言った可能性に運営自体があまり重きを置いていないからです。

アートと版画

絵や芸術の才能が開花して、やがて世界的な評価を得て成功していったタレントは数多くいます。

アートの才能は広く評価される地盤が世界的に整っていますが、消しゴムはんこはまだ発展途上の段階にいます。

厳密に言えば消しゴムはんこもアートの才能なのですが、世界的に注目され始めているとはいえ、まだまだ個人的にハンドメイドした作品を通販で売っているのが現状です。

こう考えると、例え民放の一番組に過ぎなくても、アートの才能と消しゴムはんこの才能、同じ才能アリ1位を獲得したとしても、より注目されるのは自ずと明らかです。

運営の意図

さらに言えば、こと消しゴムはんこに関しては、運営側は賀喜さんを「今後も消しゴムはんこでメディア露出を増やしていこう」とは考えていません。

その最も大きな理由のひとつは、消しゴムはんこはカッターを使用するからです。

「ケガしても指先を切るくらいだろう」と軽く考えがちですが、特にグラビア撮影などが多いタレントが体のどこかにけがを負ったり、あざをつくったりしただけでも、場合によっては何らかのスポンサー契約を打ち切られることだってあります。

坂道グループのアイドルがそこまでしているかは定かではありませんが、例えば有名なグラビアアイドルが自分の体に保険をかけておくと言う話は昔からよくありました。

また、法的な問題もあります。

アイドルが労働者と認められれば、雇用主である事務所は責任を負わなければなりません。

賀喜さんに至っては、今後も幅広くグラビアやアイドル活動をしていけるのに、わざわざそのようなリスクを冒す必要はないということです。

 

 

賀喜遥香が才能アリ1位に選ばれたらどうなる?

これまで説明してきた通り、金村美玖さんほどのインパクトはないにせよ、賀喜さんが才能アリ1位になれたとしたら、それでも大きなニュースになるはずです。

ただし、1位ではなかった場合や、1位であっても以下のような条件が加わらなければ、再び「プレバト」からのオファーで金村さんのように何度も出演する可能性は低いでしょう。

すなわち、

  • 圧倒的なレベルで1位
  • 先生のお墨付き

元々、才能があると周知されている以上、さらに高レベルの実力を示す必要があります。

そして、先生もうなるような才能を示しつつ、運営側も認識を改める状況をつくらなくてはならないでしょう。

 

※追記 賀喜遥香さんが消しゴムはんこ才能ランキングにおいて才能アリ1位となりました。才能アリ1位は考えられ得る結果でしたが、特筆すべきは一発特待生となったことです。これで、賀喜さんのスケジュール次第で次のプレバト出演もほぼ確定したと言えます。まさしく、圧倒的なレベルで1位となり、先生のお墨付きも十分です。今後もオファーが続くでしょう。

 

まとめ

  • 賀喜遥香は消しゴムはんこで才能アリ1位になっても金村美玖ほどのインパクトはない
  • それは、元々の才能に対する前評判が真逆だから
  • また、光宗薫のようないわゆる成功の先駆者が今回はいないことも不利
  • そして、消しゴムはんこ自体がまだまだアートとしての注目度が足りていないから
  • 運営側も賀喜が才能アリ1位になることに対してあまり重きを置いていない
  • それは、下手にケガをされるよりも本業のアイドル活動が大事だから
  • これほど高いハードルだが、賀喜が圧倒的な実力で才能アリ1位になったときは、この限りではなく、金村同様、何度もオファーされる可能性はある

最後に一言だけ付け加えると、賀喜さんが金村さんほどのインパクトを与えることができないのは、むしろ喜ばしいことでもあります。

それは言い換えると、賀喜さんには、本業であるアイドルとして活躍できる場がいくらでもあることの証左であり、「プレバト」の才能アリ1位の称号など必要ないということだからです。

 

 

見なくなったDVDなどアイドル関連のものがもしあればお売りください⇒

アイドルグッズの高額買取【アイドル館】手数料無料

卒業した学生の方はもう使わない教科書がもしあればお売りください⇒
大学教科書・専門書・医学書 専門買取サイト「専門書アカデミー」

 

 

 

無料体験で視られる動画を厳選してあります。ご一読を。

おすすめは賀喜さん他、4期生主演「サムのこと」

乃木坂46・櫻坂46・日向坂46の全てがわかる注目おすすめ動画 
大人気の坂道グループの各メンバーが出演しているドラマや映画、バラエティー番組を厳選してまとめた記事になります。 いつか見たいと思ってはいたけど、今まで見逃してきてしまったと言う方にとって有益な情報となっています。 動画の中には独...
スポンサーリンク
芸能エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
いりうわのブログ

コメント