復帰後美人になった日向坂46濱岸ひよりはなぜ卒業しなかったのか?

美人芸能エンタメ

日向坂46公式ブログで「濱岸ひよりに関しまして」と題され、体調不良により休養することが告げられたのが、2019年の6月21日。

そして、同じ公式ブログにおいて、4thシングルより活動再開することが知らされた「濱岸ひより活動再開のお知らせ」が2020年1月7日のことです。

復帰された濱岸さんをメンバーやファンの方が、喜びの声とともにあたたかく迎えた日から、およそ一年が経過しました。

 

当時、復帰が決まるまでの間は「濱岸ひよりはこのまま卒業してしまうのではないか」と言う心配の声もかなり多く聞かれていました。

しかし、そういった大方の悪い予感をよそに、濱岸さんは見事に活動再開を果たしてくれました。

 

さて、そんな濱岸さんが復帰されてから、およそ1年と少しが経過したわけですが、活動再開してからの濱岸さんに対して、多くのファンからずっと言われ続けていることがあります。

それは、復帰後の濱岸さんが日増しに大人っぽく、きれいになっていると言う点です。

休養から復帰までのおよそ半年の間に、いったい何があったのでしょうか。

率直に言うと、それは復帰に至るまでの間に濱岸さんを精神的に大きく成長させる出来事があったことが原因です。

もっと具体的に言うと、以下3つの出来事が濱岸さんを大きく成長させる主な要因となりました。

  1. 握手会のハプニング
  2. 佐々木美玲の励まし
  3. バレエへの想い

以下、詳しく解説していきます。

この記事は、1年経った今だからこそ話せる、濱岸さんが休養から復帰できた真相を記すものであり、加えて、濱岸さんが急に大人っぽくなった原因について解説するものです。

これらのことは、おそらく濱岸さんご本人も今後メディアを使って詳らかに話すことはないでしょう。

日向坂ファンの方はもちろん、将来、芸能関係の仕事に携わりたい方にとってもきっと有益となる情報です。

 


 

 

※この記事は独自の取材とルートで得られた情報に基づいて作成しています。

 

スポンサーリンク

復帰後美人になった日向坂46濱岸ひよりはなぜ卒業しなかったのか?

握手会のハプニング

2019年の3月あたりは、27日に日向坂46となって初めてのシングル「キュン」が発売されるとあって、握手会など多くの野外イベントが開催されていました。

まだ、今のような新型コロナウイルスの影響が無かった時期ですから、自由に外出できるファンたちで毎回盛況だったと言います。

ただ、そんな握手会の一部であるハプニングが起こったとされています。

それは、握手会に訪れた一部の迷惑ファンが、メンバーに対して説教めいたことや暴言を吐いてメンバーを傷つけたというものです。

率直に言えば、休養に至った濱岸さんの体調不良の主因は、こうした精神的な苦痛が積み重なった結果ではないかと言われています。

事件の真相

この「迷惑ファンによる暴言事件」については、実は不明確な部分が多いのです。

と言うのも、そもそもそのような事態になっていたとされる確証がないのです。

なにより、濱岸さんご本人が一部のメディアやSNS上で騒がれているような「迷惑ファンによる暴言」はなかったと明言していることで、この話題は錯綜としてしまっています。

この件に関してはあまり深入りしない方が良いのかもしれませんが、少なくとも不可解な点がいくつか見受けられるのも事実です。

  • 濱岸さんご本人による否定の真偽
  • 確かに公には暴言を吐いたとされる迷惑ファンの存在は立証されていないが話の出どころも不明な点
  • 真偽不明な目撃者の情報はある
  • この点に関するネット上の情報は多くがすでに削除されている

運営などの権利関係者が、何らかの理由があって事を大きくしない為の措置を取ることはよくあります。

今回も同種の措置が取られた感じがしますが、詳細はわかりません。

ただ、濱岸さんの件に関わらず、すでにあらゆる媒体で迷惑ファンの存在は声高に叫ばれていますので、アイドルが何らかの被害を被っていることは否定できるものではありません。

最初は小さなハプニング程度であっても、そのうちストーカー被害へと発展してしまうケースだってあります。

実際に、濱岸さんと同時期に休養し、結局卒業してしまった柿崎芽美さんの卒業理由の一つは、ストーカー被害に遭っていたからだと言う話はほぼ確実視されています。

※ただし、ストーカー被害についてはご本人も認めていますが、それが直接の卒業理由であったかどうかまでは言及されていません。

濱岸ひよりの克服

この握手会でのハプニング騒動以降、たとえ公になってはいなくても、その後の濱岸さんの様子を見ればこのことがきっかけで精神的にまいってしまっていることは誰の目から見ても明らかでした。

  • 定期的な体調不良や欠席
  • 幕張イベントでの途中退席
  • 普段から元気がなくうつむき加減になる
  • ライブ中に手が震えている

その他、多くのファンが濱岸さんの異変には気が付いていました。

前述した柿崎さんのように卒業するという選択肢も何度も思い浮かんだはずですが、最終的に濱岸さんはアイドルを続けることを選びました。

この大きな決断を促したのが、頻繁に行われていたメンバーからの励ましと、幼い頃から続けていたが決別するに至ったバレエへの想いでした。

 

佐々木美玲の励まし

濱岸さんを心配して、全てのメンバーが定期的に励ましの声をかけてくれていたと言います。

その中でも特に仲の良いメンバーである佐々木美玲さんからの励ましは、濱岸さんを強く勇気づけたと言います。

佐々木さんからは休養中よくメールで体調を気遣ったり、グループの状況について細かく教えてくれていたりしたと、濱岸さんは後に語っています。

濱岸さんが体調を崩した時期は1stシングル「キュン」発売から2stシングルの「ドレミソラシド」発売直前にかけてでした。

これは、ひらがな時代にずっとセンターを務めてきた佐々木さんから小坂菜緒さんにセンターがバトンタッチされた時期と重なっており、この時、佐々木さん自身悩みや葛藤も多かったはずです。

 

 

バレエへの想い

3歳の時から打ち込んできたいうバレエは、濱岸さんにとってもはや自分の一部と言っていい大きな存在でした。

それでも、アイドルになると言う夢を叶えるためには両立が厳しいことを悟り、バレエとは決別します。

バレエとの決別

濱岸さんの最大の葛藤は、バレエもアイドルもやりたいのに両立ができないことでした。

休養中、何度も卒業の二文字が頭をよぎってしまっても、そのたびにバレエを辞めたときの記憶がフラッシュバックして、思いとどまらせていたのかもしれません。

 

「けやき坂46ストーリー~ひなたのほうへ」全編は『キュン』(TYPE-B)に収録されています。

 

濱岸さんが後に語った休養中の不安は3つあります。

  • 復帰してもおくれを取り戻せないかもしれない
  • 周り(他のメンバー)に置いて行かれるかもしれない
  • ファンはもう離れてしまっているかもしれない

この3つは濱岸さんがバレエに勤しんでいた時代も、同様に感じていた不安なのです。

しかし、上述した佐々木美玲さんをはじめメンバーの励ましや言葉によって、自分が復帰しても支えてくれるメンバーがいることに気が付きます。

バレエを辞めようと考えていた時には感じられなかった心の支えがアイドルにはあったことで、濱岸さんは日向坂46に戻る決意を固めたのかもしれません。

 

その決意は、確かな形となって案外はやく報われることとなりました。

濱岸ひよりさんにドラマ出演のオファーあり

 

 

まとめ

  • 濱岸さんが卒業を踏みとどまって復帰を決意した背景にはきちんとした理由があった
  • 大きな理由のひとつは握手会イベントのハプニングを精神的に乗り越えたこと
  • その支えとなったのは佐々木美玲をはじめとする日向坂のメンバーである
  • それはバレエを辞めた時には感じられなかった心の支えだった

 

 

後日譚

肝心の、復帰してからの濱岸さんがどんどんキレイになっている理由ですが、後に濱岸さん自身が語ったところによると、休養中はメイクについてかなり勉強していたということです。

メディア復帰した時は、実際に髪を染めて、大人っぽいメイクをした姿で登場したといいます。

たしかに、苦難を乗り越えて精神的に成長した濱岸さんが大人っぽくなった側面もありますが、現実的な話をすると、身体の成長とともにメイク能力が上昇した、これが濱岸さんが大人っぽく美人になったと私たちが感じる真実です。

メイクに関する細かい知識なども、公式ブログでかなり詳しく述べられています。

 

※今後も濱岸ひよりさんがどうしても気になるという方は

濱岸さんはじめ日向坂46の最新情報が分かる完全無料アプリです。メンバーのブログ更新も通知してくれます。

頻繁に最新情報が来るので設定は必要です。気に入らなければアプリを消すだけでいい完全無料アプリ。日向坂46チャンネル開設!【スマートニュース】

 

秘書
秘書

濱岸ひよりさんと約10秒お話してみませんか?

 

 

スポンサーリンク
芸能エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
いりうわのブログ

コメント