欅坂46から櫻坂46までメンバーが出演していた注目のおすすめ動画

芸能エンタメ

大人気の坂道グループの中でも現在人気急上昇中の櫻坂46メンバーが出演しているドラマや映画、バラエティー番組を厳選してまとめた記事になります。

いつか見たいと思ってはいたけど、今まで見逃してきてしまったと言う方にとって有益な情報となっています。

動画の中には独占配信期間限定のものもありますので、できるだけ早めにご視聴することをおすすめします。

また、今回ご紹介している動画配信サービスは、トライアルなどを使ってみれば無料で視聴できるものを厳選していますので、どうぞご利用ください。

 

日向坂46のおすすめ動画はこちら⇒ひらがな欅から日向坂46までメンバーが出演した注目おすすめ動画

乃木坂46のおすすめ動画はこちら⇒乃木坂46・櫻坂46・日向坂46の全てがわかる注目おすすめ動画 

スポンサーリンク

欅坂46から櫻坂46までメンバーが出演していた注目のおすすめ動画

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46

欅坂46が駆け抜けた激動の5年間をたどる、最初で最後のドキュメンタリー
多くのメンバーやスタッフの証言を交え、5年間の活動の裏側やグループの実情に迫る。これまで映像化されてこなかった数々のライブパフォーマンスも再編集して収録。

2015年8月に結成、翌年4月に鮮烈なデビューを飾った欅坂46。2019年9月には東京ドームでの公演を成功させた。そして2020年、絶対的なセンター・平手友梨奈が突然の脱退。5年目に突入した彼女たちは、7月16日に開催した配信ライブで、“ひとつの決断”を下す。

徳山大五郎を誰が殺したか

ある朝登校したら、担任の徳山大五郎の遺体が... 自殺か?他殺か?私立欅学園三年C組の教室。徳山の死体を見つけて誰もが右往左往。まだ生きてるかも? 人工呼吸とかすれば...やがて背中にナイフが刺さっているのを見つけ、死んでいることを悟る。無慈悲にも鳴り響くチャイム。やばい、時間がない。とりあえず隠さなきゃ・・・!そうして、先生の遺体を隠しながら過ごす、女子高生の非日常的な日常が始まった。そんな彼女たちを囲む、怪しい大人たち・・・なぜ徳山は死んだのか?最後まで生徒は遺体を隠し通すことができるのか?そして、彼女たちは、犯人を見つけることができるのか!?

今泉佑唯の出逢い旅 ~20歳の再出発 アイドルから女優へ~

今泉佑唯は、「欅坂46」でトップクラスの人気と歌唱力を誇り、ソロ写真集「誰も知らない私」は10万部を突破するヒットを記録。人気絶頂の最中に、秋元康が彼女のために書き下ろしたソロ曲『日がまた昇るまで』の曲の歌詞は、20歳で卒業を決めた彼女が秋元康に問いかけた言葉。「また日は昇ってくれますか / 明日を見せてくれますか」「欅坂46」卒業後、この曲を胸に、女優としての新たな第一歩を踏み出し、2019年4月開演の舞台「熱海殺人事件 LAST GENERATION 46」本番を迎えるまでの今泉佑唯の心に密着。女優としての経験を積むため、真っ白な雪が広がる北海道に旅立ち、アイドル一筋で生きてきたために気づかなかった、自分と同年代の女性たちの様々な人生に出会っていきます。彼女たちの思いを知る中で、次第に本格的な女優への道を歩み始めていく今泉佑唯。その成長の軌跡をドキュメンタリータッチで描きます。幻想的な冬の北海道の美しい景色を舞台に、「欅坂46」卒業後、ファンが渇望していた今泉佑唯の本音や素顔に迫っていく映像物語。『日がまた昇るまで』発売から半年後の彼女の思いがここにあります。

響 -HIBIKI-

出版不況の文学界に突如現れた天才少女、『響』。15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみとの出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。しかし、響は、普通じゃない。彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。

スポンサーリンク
芸能エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
スポンサーリンク
いりうわのブログ

コメント