なぜ佐々木美玲はミーグリで復帰するのか?退院したばかりの活動再開

芸能エンタメ

2021年6月11日、休養中の日向坂46メンバー佐々木美玲さんが、自身の公式ブログにおいて退院したことを報告しました。

同じ公式ブログ内で、休養と入院することを伝えたのが5月25日、それから17日後のブログ更新と退院報告になりました。

 

さて、佐々木さんのブログによると、復帰は「来週のミーグリから」とあります。

順調に予定が進めば、佐々木さんが参加する「来週のミーグリ」とは、6月20日開催の5thシングル「君しか勝たん」オンラインミート&グリート(個別トーク会)ということになります。

 

こう見てくると、入院から退院、そして活動再開までかなり短期間のうちに進んでおり、佐々木さんの体調は本当にもう大丈夫なのかと少々心配になってきます。

そんな中、なぜ復帰して最初の仕事がミーグリだったのでしょうか?

これに関しては、佐々木さんが退院する時期がたまたまミーグリの開催時期だったわけではなく、ミーグリから始めてじょじょに復帰することは予め予定されていたことなのです。

つまり、佐々木さんの経過が悪くて入院が予想外に伸びない限りは、運営はすでに退院後のスケジュールを緻密に組み込んでいたということになります。

その理由は、重要な大イベントに参加するために活動再開を急ぐ必要があったからです。

そのために、比較的身体的負担が少ないミーグリからまず参加して様子を見、徐々に激しいダンスもまた可能になっていけばいいという運営の考えがあります。

また、その重要な大イベントとは、 7月9日から11日の3日間、富士急ハイランドコニファーフォレストにて行われる櫻坂46と日向坂46合同の野外ライブW-KEYAKI FES. 2021のことです。

この一大イベントに佐々木さんを間に合わせるためには、どうしても復帰を急ぐ必要があったわけです。

 

 

この記事では、佐々木さんが休養に入り、入院してから退院報告までの17日間に、運営が佐々木さんの活動再開の道筋をどのように捉えていたかについて詳しく解説していきます。

 

※この記事は独自の取材とルートで得られた情報に基づいて作成しています。

 

スポンサーリンク

なぜ佐々木美玲はミーグリで復帰するのか?退院したばかりの活動再開

当初の発表では、佐々木さんの入院期間は一週間程度とされていました。

ただし、これはあくまで目安ですから、入院が長引くことも当然予想されていたのですが、結果として休養発表から17日間と言う期間で退院報告に至っています。

このことから、佐々木さんの入院は、さらなる精密な検査を行った結果、原因疾患が特定され、適切な治療が施されたと考えてよいでしょう。

すなわち、

  1. 検査入院で一週間、
  2. 治療と経過観察でもう一週間、
  3. 退院して自宅療養に入って今に至る、

といったところではないでしょうか。

 

佐々木さんの入院に関して詳しくは別記事でも解説しています。

 

本当に6月20日のミーグリから佐々木さんが活動再開を果たすことになれば、休養期間はトータル25日間だったことになります。

それでも、やはり「早い復帰」だと感じてしまうのですが、活動再開について佐々木さんご本人と運営とでどのようなやりとりがあったのでしょうか。

運営は退院予定日を把握していた

おおよその退院予定日を運営なら当然知らされていたはずですが、医師の判断と佐々木さんの経過によるところもあり、なかなか公式に発表することは案の定ありませんでした。

しかし、「日向坂46オフィシャルサイト」の運営からのお知らせや、佐々木さんのブログ内容を精査してみると、佐々木さんの退院についていくつか気付くことがあります。

ミーグリ参加メンバー

5月25日に佐々木さんが休養発表してからも、ミーグリは5月30日、6月6日、6月13日の3回開催されてきました。

公式サイト上でそのいずれを見ても、参加メンバーの中に佐々木美玲の名は残ったままです。

そして、開催日数日前になると『5thシングル「君しか勝たん」発売記念オンラインミート&グリート 佐々木美玲欠席のご案内』を出して、そのつど対応してきました。

参加メンバーから名前を削除すれば早いのに、なぜこのような手間をかけるのでしょう。

これは、佐々木さんがいつから活動再開できるか確定していないものの、少なくとも7月までのミーグリ開催期間内で復帰できることが判明していたという証左なのです。

佐々木美玲の退院報告

「お久しぶりです☀️」と題して、佐々木さんはブログで退院報告をしています。

このブログを注意深く見てみると、違和感を感じる部分が少なくとも3つあります。

  1. 画像がないこと
  2. この度という言葉
  3. 21:00きっかり
画像がないこと

過去の佐々木さんのブログにおいて、アイキャッチを含めて自撮りなどの画像が貼られていなかったことは今までほぼありません。

現在病中の自画像を貼ることに抵抗があったとしても、かつて休養していた宮田愛萌さんのように撮りためていた画像を貼っても何もおかしくありません。

この度と言う言葉

すぐにでも退院を報告したかった人が、それでも色々と忙しく、やむを得ず夜になってしまったとしても、今日退院してきたのであれば、「本日、無事退院してきました」と言います。

佐々木さんのブログでは「この度、無事退院してきました」とあります。

21:00きっかり

今回のブログの更新日時は、6月11日21:00となっています。

ブログは公開する日時を予め設定しておくことが可能です。

通常、公式サイトにアップされているブログは、メンバーが好きな時に公開しているのではなく、一度運営に送られたものに、不適切な言葉や表現がないかなど簡単なチェックが入っています。

従って、ブログが公式サイト上にアップされる日時も、当然運営が管理しています。

今回の退院報告が21時公開設定とされていたという確証はありませんが、可能性は高いでしょう。

 

3つの違和感が示すもの

これら3つの違和感が意味するものは、佐々木さんの退院予定日はある程度早期に決まっていたということです。

今回の退院報告は、過去のブログと比較してみても文字数も少なめで、画像を撮影、あるいは選んで貼る時間さえなかった様子が窺えます。

とりあえず、退院報告用のブログを書くように指示されたという感じです。

そして、いつ公式サイト上にアップされるかはまだわからないため「本日」とは書けませんでした。

運営としては「佐々木美玲が退院する」と先に知られれば、ミーグリ参加の有無や、欠席に伴う振り替えなどの各対応におわれるため、退院報告の日時は慎重に選ばなくてはなりません。

それが、今回は6月11日の21時だったわけです。

 

 

 

入院から退院報告に至るまでの時系列

佐々木さんが入院してから退院するまで、運営とのやりとりを含めた出来事を時系列でざっと示すと以下のようになります。

  1. 佐々木美玲さん入院
  2. 入院計画書により治療方法や入院期間が示される
  3. 退院予定日が確定
  4. 13日開催のミーグリは見送り、20日のミーグリ参加を運営が打診
  5. 公式サイトにアップする「退院報告」のブログを書くよう運営が指示
  6. 佐々木美玲さんが退院、自宅療養に移る
  7. 運営が13日開催ミーグリの佐々木さん欠席を公式に発表
  8. 佐々木さんがブログで退院を報告

 

繰り返しになりますが、佐々木さんご本人のブログに「この度、無事退院してきました」とあるように、退院報告した日が必ずしも実際に退院した日とは限らないことに注意です。

 

まとめ

  • 佐々木美玲の入院は当初1週間程度と言われたが、実際は退院報告まで17日間だった
  • それでも比較的短期間で退院できたと言っていい
  • ただし、7月の合同ライブに間に合わせるために運営が活動再開を急がせた側面もある
  • 運営は予め佐々木の退院予定日は把握していた
  • そこで身体的負担が比較的少ないミーグリから徐々に復帰させていく予定を組んだ

 

 

※今後も佐々木美玲さんがどうしても気になるという方は

「声春っ!」(Hulu配信中)はじめ日向坂46の最新情報が分かる完全無料アプリです。メンバーのブログ更新も通知してくれます。

頻繁に最新情報が来るので設定は必要です。気に入らなければアプリを消すだけでいい完全無料アプリ。日向坂46チャンネル開設!【スマートニュース】

 

秘書
秘書

佐々木美玲さんと約10秒お話してみませんか?

 

 

スポンサーリンク
芸能エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
いりうわのブログ

コメント