加藤史帆センター曲はこれが最後か始まりか?君しか勝たんの歌詞必見

勝利芸能エンタメ

日向坂46の5枚目シングル「君しか勝たん」が2021年5月26日に発売される予定です。

すでにフォーメーションも発表されており、センターは加藤史帆さんが務めます。

加藤さんは「ひらがなけやき」時代に「ハッピーオーラ」と言う曲でセンターを務めたことがありますが、日向坂46となってからは初めてのセンターポジションになります。

日向坂46メンバーでは齊藤京子さんがその歌唱力の高さにおいて、しばしばフィーチャーされることが多かったのですが、実は、加藤さんの歌唱力も昔からレベルが高いと言われていました。

日向坂46では初センターとなった加藤さんが「君しか勝たん」をどのように歌い上げるのか非常に楽しみです。

 

 

 

さて、センターが加藤さんに決まり、発売まで期待に満ち溢れている時ですが、視点を少しずらして考えてみると、これで日向坂46のセンター経験者が3人になったことに気が付きます。

すなわち、小坂菜緒さん、佐々木美玲さん、そして今回の加藤史帆さんの3人です。

AKB48の時代から、センターを任されたメンバーの重圧は非常に過酷であることは知られていますので、センターをなるべく唯一無二にはしない方向に傾斜しつつあることはよくわかります。

そこで、考えてしまうのは、

加藤史帆センター曲はこの先もあり得るのか、または今回だけなのか?

ということです。

そして、加藤さんがセンターとして定着した場合、小坂菜緒さん、佐々木美玲さんと3人体制でセンターを回していくのでしょうか。

もちろん、この先他のメンバーが新たにセンターを任される楽曲も生まれてくるとは思いますが、この三人に焦点を絞って考えますと、ヒントは、歴代のシングル曲の歌詞の中にありました。

この記事では、最新シングル「君しか勝たん」と歴代のシングル曲の歌詞をヒントに、今後の日向坂46のセンターは誰が選ばれやすいのかを解説していきます。

果たして、加藤さんのセンターはここから始まるのか、それとも今回限りで終わるのかを考えるうえでも良い判断材料となります。

ファンの方はもちろん、将来芸能関係の仕事に携わりたい方ににも有益な情報となるでしょう。

 

 


※この記事は独自の取材とルートで得られた情報に基づいて作成しています。

 

 

スポンサーリンク

加藤史帆センター曲はこれが最後か始まりか?君しか勝たんの歌詞必見

プロデユーサーの秋元康氏は、歌詞を考えるうえで誰がセンターを務める楽曲なのかを少なからず念頭に置いています。

例えば、かつてAKB48のシングル表題曲「上からマリコ」のように、センターポジションを務めるメンバーにしっくりこない場合は、楽曲自体を変更することもありました。

もっとも、この時は、用意されていた候補曲が選抜未経験者を想定していたものだったという理由もありましたが、センターメンバーを考慮して作詞することは間違いありません。

このことからわかるように、日向坂46の場合でも、シングル表題曲の歌詞はそれを歌うセンターの人となりに大いに関係してくるのです。

では、日向坂46の3人のセンターが歌っている楽曲の歌詞には果たしてどのような意味が込められているのでしょうか。

 



小坂菜緒

日向坂46に改名してからのセンターポジションは、2期生でありながら小坂菜緒さんが務めあげていました。

  • キュン
  • ドレミソラシド
  • こんなに好きになっちゃっていいの?
  • ソンナコトナイヨ

日向坂46となってセンターとなった小坂さんが歌う楽曲は、その歌詞を見るとどれも初々しい恋がテーマとなっています。

さらに、これら歴代のシングル表題曲を同一の男女の物語として順番に見てみると、面白いことがわかります。

  1. 「キュン」⇒「僕」が「君」に対して初めて抱いた恋心、恋の始まりを歌っています。
  2. 「ドレミソラシド」⇒「キュン」から続く「君」に対する想いがますます募っていく様が歌われます。
  3. 「こんなに好きになっちゃっていいの?」⇒初めて一人称が「私」になり「あなた」への想いがつづられた歌になっています。過去2曲が恋する男性の目線だったのに対して、この楽曲だけが唯一、女性目線になっています。これは、過去2曲に対するアンサーソングなのです。
  4. 「ソンナコトナイヨ」⇒そして再び男性目線へと戻りました。ただ、明らかに違うのは「前髪を切り過ぎた」と悩む「君」に対して「僕」が気遣うあたり、交際の有無は不明ですが、二人の中が進展していることがわかります。

こうして見てくると、「僕」の初々しい恋心から始まった物語が、一応の完結が為されているのです。

そして、そのことを如実に示すかのごとく、次のシングル「アザトカワイイ」からはセンターが佐々木美玲さんに変わります。

 


 

 

佐々木美玲

「ひらがなけやき」時代のセンターと評され、初期のグループを引っ張ってきた佐々木さんの代表的なセンター曲は、小坂さんが歌ういわゆる「初々しい恋」とはまるで異なったものでした。

  • イマニミテイロ
  • 期待されていない自分

歌詞を見るまでもなく、佐々木さんが歌う楽曲テーマはどちらも現状を打破していつか日の目をみることをのぞむ「反骨精神」です。

どうしても、漢字「欅」の陰で報われない不遇の時代からの打破を力強く歌っています。

この不遇の時代を象徴するセンターが佐々木美玲さんなのです。

 

この時に起こった大きな事件については詳しく別記事で述べています。

立てこもり事件はなぜ起きた?佐々木美玲センター曲はここで生まれた
さる2017年4月16日、「サイレントマジョリティー」にてメジャー・デビューした欅坂46(現櫻坂46)が、デビューからちょうど1年を記念して、欅坂46 1stアニバーサリーライブを行いました。 会場は東京・国立代々木競技場第一体育館、...

 

アザトカワイイ

そんな佐々木さんが、「ひらがなけやき」以来のセンターを務めることとなったのが、初アルバム「ひなたざか」のリード曲「アザトカワイイ」でした。

この曲の歌詞をみると、佐々木さんが「ひらがなけやき」で歌っていた「反骨精神」の面影は微塵もなく、小坂さん同様の初々しい恋をテーマにした楽曲です。

というよりも、むしろ1stシングル「キュン」の「僕」がそのまま戻ってきたかのような錯覚さえ覚えます。

「下唇噛む癖まで なんだか全部キュンとする」

実際、「キュン」のワードが含まれており、そこにあるのはまさしく恋の始まりです。

「ひらがなけやき」のセンター佐々木美玲が、日向坂46のセンター佐々木美玲に変わった瞬間でした。


 

加藤史帆

さて、本題である加藤史帆さんのセンター曲「君しか勝たん」の歌詞はどうかと言うと、まず、その曲名にもある通り、「君」に対してやはり「僕」が語る形態がとられています。

しかし驚いたことに、初センター加藤史帆さんの曲であるにもかかわらず、そのテーマは恋の始まりではありませんでした。

むしろ、付き合っていた二人の恋が終息に向かいつつある雰囲気で、それを「僕」が想い出にふけり一人語る形態がとられています。

小坂さん、佐々木さんの時とは明らかに歌詞の時間軸が異なっています。

曲の時間軸がセンターの寿命を示す?

小坂さんのセンター曲は「キュン」で恋が始まり、「ソンナコトナイヨ」で二人の仲が幾分実ったところでいったん物語を終えました。

佐々木さんのセンター曲「アザトカワイイ」は「ひらばなけやき」時代の「反骨精神」が始まりだと考えると、日向坂46のセンター佐々木美玲が生まれたことで、いったん物語を終えたと解釈することもできます。

問題は、加藤さんの「君しか勝たん」をどう受け止めるか、です。

「君しか勝たん」が恋の終わりを示唆している以上、加藤史帆さんのセンター曲はこの一曲でいったん終了するのかもしれません。

ただし、「君しか勝たん」の「僕」と「君」の物語がここから始まる意図で書かれた歌詞だとすれば、その続きはやはり、加藤さんがセンターとなって歌うことになるはずです。

つまり、6番目のシングル表題曲の歌詞が「君しか勝たん」から続く物語であれば、加藤さんのセンターも続くということになります。

 


 

 

 

 

見なくなったDVDや関連グッズなどもしありましたらお売りください⇒

アイドルグッズの高額買取【アイドル館】手数料無料

卒業した学生の方はもう使わない教科書がもしあればお売りください⇒
大学教科書・専門書・医学書 専門買取サイト「専門書アカデミー」

 

 

【RIZAP】

加藤さんがこれまで歌ってきた楽曲の歌詞については別記事で詳しく解説しています。

加藤史帆の役目は支えではなくセンター!前にボロ泣きしたMVとは?
2021年5月26日発売予定「君しか勝たん」のセンターに加藤史帆さんが抜擢されました。 「君しか勝たん」は日向坂46の5枚目シングルで、さる4月18日に表題曲フォーメーションとともにテレビ東京系「日向坂で会いましょう」で発表されました...

まとめ

  • 日向坂46では初のセンターとなった加藤史帆が再びセンターで歌えるかどうかは曲の歌詞にそのヒントがある
  • それはプロデューサーの秋元氏がセンターの人となりを考慮して歌詞を書くから
  • 日向坂のセンター小坂菜緒が「キュン」で始まり「ソンナコトナイヨ」で一旦センターを退いたのは、その歌詞が「恋の始まり」から「恋の成就」で一旦完結したこととリンクしている
  • ひらがなけやき時代にセンターだった佐々木美玲は、日向坂46での初センター曲「アザトカワイイ」で「キュン」同様「恋の始まり」を歌い、ひらがなけやきのセンター佐々木美玲は終了した
  • 加藤史帆のセンター曲「君しか勝てん」は異例で、いきなり「恋の終息」を歌っているため、加藤のセンターもこの曲で終わる可能性もある
  • しかし、「恋の終息」から始まる物語として書かれた歌詞だとすれば、引き続き加藤はセンターで歌うことになる。
  • 次回、6番目のシングル表題曲は要注目

 

 

当サイトも参考にさせてもらっています。日向坂の最新情報は無料アプリで↓

【スマートニュース】

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
芸能エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
スポンサーリンク
いりうわのブログ

コメント