スポンサーリンク

宅配便不在ショートメール詐欺にクリックさせる手口と国勢調査の詐欺

新型コロナ
スポンサーリンク

新型コロナの感染を避けるために、色々と工夫をしながら生活している昨今、訪問してきた人をどうしても家の中へ入れなければならない場合、皆さんはどのように対応されていますか。

宅配や郵便はそのような状況を鑑みて、ほとんどが非対面による受け渡しを率先して行ってくれています。

しかし最近、共同住宅では防災機器や電気ガスの点検のためにどうしても「室内に入る必要がある」という管理会社からのお知らせが届くこともあると聞きました。

こういった場合は、屋外の点検だけに止めてほしい旨を管理会社に相談すれば、そこまでかたくなではないとも聞きますので、お困りの方がいれば連絡してみてください。

さて、このように一昔前と比べて、自宅に他人を入れることが憚られるようになったことで、少し困ったことが起こり始めました。

オンライン化や非対面で人の顔を見ることなく作業を完結できてしまうことで、それを悪用した詐欺が増加しているのです。

今回は、そういった詐欺に遭わないために、私が実際に体験した宅配便の詐欺について特にお話しておきます。

宅配便不在ショートメール詐欺にクリックさせる手口と国勢調査の詐欺

まず、どのような詐欺なのか実際の手口をご説明します。

私の携帯に、突然次のようなショートメールが届きました。

2020年7月17日 090-5749-xxxx お荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。ご確認ください。http://xxxxxxxxx.duckdng.org
2020年9月15日 090-3473-xxxx お荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。ご確認ください。http://xxxxxxxxx.duckdng.org
文面は同じなのですが、電話番号はいつも異なっています。
貼られたURLはいつも前半だけランダムで、クリックしてしまうと危険サイトに誘導されてしまういわゆるフィッシング詐欺というものです。

最悪の場合、自分の携帯にある個人情報が根こそぎ流出してしまいますので、クリックせずにこのようなメールが来た場合は、すぐに削除してください。

ドコモ口座不正利用の犯人は何らかの方法で予め個人情報を得ていたとされています。あるいはこういったフィッシング詐欺で得た情報なのかもしれません。

万一、クリックしてしまうと

  1. 危険サイトに誘導されますが、セキュリティが機能して接続前に警告が出ることがあります。その場合は接続キャンセルしてメールを削除しましょう。
  2. サイトに入ってしまった場合、多くはアプリのダウンロードとインストールを促されますが、自動インストールが働き、勝手に情報が流れ出すこともあります。間に合わないかもしれませんが、すぐに電源を落としてください。

電話番号にかけると

URLは決してクリックしてはいけませんが、電話番号には連絡してもおそらく被害はありません。

実はこの電話番号は同じように詐欺メールが届いてクリックしてしまった被害者のものです。

個人情報を抜き取られてしまったのと同時に、その被害者の携帯からランダムに詐欺メールが送り付けられているのです。

そのため、仮に電話番号に連絡して文句を言おうと思っても意味がないということになります。

宅配便不在メール詐欺が横行する理由

新型コロナの影響でこういった詐欺に騙されてしまう人が、近年増加していると言われます。

それは、宅配便各社や日本郵便が非対面による荷物受け渡しの強化や対面しない配達を行っているからです。

荷物の受け渡し

例えば、インターホンで「家の前に置いてください」と言えば、現在の宅急便はほとんどの会社が印鑑もサインも必要なく、これをもって配達完了としています。

郵便の場合でも、書留など本人の印鑑や手渡し必須とされるもの以外は非対面で配達しています。

人と会わない受け取りが常態化

私たちはなるべくなら人と対面せずに事を終えたいし自宅に人を入れたくありません。

そのような現状が本当に宅配業者なのか、自分あての荷物なのか確認することを難しくさせているのです。

宅配便の詐欺に遭わないために

宅配を装った詐欺に遭わないために特に注意すべき点をご紹介します。

不在表を見るまで信じない

ショートメール詐欺は簡素な文面だけですが、クリックしてサイトに入ってしまうと、本物のヤマト運輸や佐川急便のサイトかと思ってしまうほど精巧につくられています。

だから信じてしまう人が多いのですが、不在表を見て、たしかに自分あてで覚えのある荷物であると確認するまでは何も信じないことが肝要です。

電話連絡にも注意

不在表に、宅配担当者直通の携帯電話番号が記載されている業者がありますが、信用できる不在表記載の番号に自分からかける分には問題ありません。

しかし、向こうからの電話は宅配業者を装ってかけてくる電話もありますので、会話の中で少しでも個人情報を聞き出そうとしたり、サイトにアクセスするような指示があってもしたがってはいけません。

宅配荷物について

これは詐欺とは少し違いますが、非対面によって家のそばに置いてもらった荷物はすぐに取りにいきましょう。

あまり大きなニュースとして取り扱われてはいませんが、非対面による弊害として様々なトラブルも報告されています。

  • 荷物がなくなっている
  • 冷凍だと言われなかったので長時間放置してしまった
  • 長時間放置は悪意のある者に自分が留守であることを知られてしまう 等

国政調査の詐欺は必ず起こる

宅配に限らず自宅に訪問してくる業者は注意を要します。

時期的に国勢調査で心配される詐欺についても触れておきます。

インターネット回答

インターネット回答を利用することが一番良いのは間違いないのですが、注意すべきは不備や不明点があった場合、役所から確認の連絡があるとされている点です。

これは訪問回収と違って調査員証が確認できない分、詐欺だとしてもかえって疑いにくい部分があります。

金銭の要求や個人情報に関する質問など、どれだけ「確認のため」だと言われても不審だと感じたら一度電話を切って、自ら役所にかけなおしましょう。

紙の調査票の提出

2020年10月7日(水)までにインターネット回答がなかった場合、調査員が回収に伺うとされています。

電話、メール、ウェブサイトなどいくらでも調査員を装えますので、必ず調査員証を携帯しているか、これだけを確認しましょう。

 

最後に

詐欺に騙せれないためには、普段から注意深くいることが第一です。

ですが実のところ、巧妙な詐欺だとなかなか見抜けません。

例えば国勢調査の調査員証を見せられたところで、それが本物だと言える人がどれだけいるでしょうか。

そこで端的に言えば、それが誰であっても用心すべきところは2つです。

  • 個人情報と金銭に関する話はしない。
  • 不審に感じたら一切シャットダウンすること。

人を疑わなくてもいいように、早く新型コロナが終息してほしいものです。

スポンサーリンク
新型コロナ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
いりうわのブログ

コメント