スポンサーリンク

止水栓で水を止めた後は自分で水漏れ修理 ①簡単に蛇口をなおす方法

水が出ている水栓蛇口 水道
スポンサーリンク

蛇口から水漏れしていると、常に水道料金が発生していることとなり、放っておくと大変な金額になってしまうかもしれません。

そんな水漏れに気が付いたときは、何をおいてもまずは止水栓で水を止めることが大事です。

まずは水を止めましょう⇒トイレや洗面などの水回りにある止水栓とは?種類ごとの水の止め方

水が止められたら、その後じっくり対処法を考えてください。

この記事でご説明するのは、基本的に蛇口やカランと呼ばれるどこの家庭でも見かけるホーム水栓の水漏れ修理の方法です。

水漏れというのは、実はプロの水道業者に頼まなくても、止水栓と蛇口の基本的な仕組みと部品さえ覚えておけば、誰にでも直せてしまうことが多いです。

ちなみに、水道修理業者を呼んだ時の一般的な料金相場は、最も簡単な水漏れ修理だったとしても以下の通り発生します。

  • 基本料金 5000円
  • 工事作業代 2000円
  • (部品代  1000円~5000円)

最低でも、7000円はかかってしまうということです。

ほとんどの水道修理業者が「見せれば2000円値引き」などというマグネット広告を各家に配っているものですが、業者によってはあらかじめその値引き分を含めて見積もりを出していることもあるので、注意してください。

止水栓で水を止めた後は自分で水漏れ修理 簡単に蛇口をなおす方法

蛇口の水漏れの場合、どこから水が漏れているかによって、修理するべき原因の箇所が異なります。

  • 吐水口から水が止まらない、あるいはポタポタ給水栓上部(ハンドル部分)のパッキン
  • 蛇口本体からの水漏れ蛇口自体の劣化か、接続部の各種パッキン

今回、ご紹介する修理方法はこの両方に対処できるものです。

 

 

こちらの動画は、細かく分解してひとつひとつパッキン交換を行っていますが、一般の方が修理をされる場合は、なるべく、パッキンなどが一緒になった部品を購入して、交換してください。

一部のパッキンだけを交換しても、その周辺も劣化しているので、最悪の場合、短期間でまた修理しなければならなくなります。

 

 

 

 

ハンドルを取り外す

動画内に出てくる水栓上部パッキンパイプパッキンセットは、全て一緒になった給水栓上部を使った方が安心で確実ですので、一般の方はこちらを使ってください。

 給水栓上部

 

蛇口というのは、パッキンも含めて細かく分解することができますので、業者はできるだけ安くすませるために、一部のパッキンだけを交換しようと考えがちです。

しかし、一部のパッキンが劣化しているということは、当然その周辺部の劣化も同時進行していると考えられますので、隣接している部品は基本的に全て新しくべきです。

部品代に関しても、それほど金額に差はありません。

 

以下の2点のような部品を細かく購入する必要はありません。

 


ケレップ(コマパッキン)

 

パッキンセット

上記2点は、給水栓上部の中に組み込まれていますので、給水栓上部を買いましょう。

動画では、ハンドルのネジ部分から取っていますが、給水栓上部があれば、ナットを回して古い給水栓上部ごと交換した方が早いです。

 

あると便利な工具

代用できるものなら何でもいいのですが、使用する工具は基本的に以下の2つです。

プライヤー

地域によってアンギラあるいはカラスと表記されていることがあります。

 

モンキー

ナットを回す時に使います。

プライヤーは蛇口に傷を付けやすいのでナットはモンキーで回す方が良いです。

 

水栓上部があれば、ネジから外さずにナットを回してハンドルごと水栓上部を取り外せるのでより簡単です。

今回ご説明している水漏れ修理は、動画のやり方ではなく、この記事のいうように給水栓上部を購入して行った場合、給水栓上部と吐水口の交換で使用する工具はモンキーだけで充分です。

 

吐水口の交換

吐水口の接続部から水が漏れている場合は、吐水口のパッキンが劣化しているか、吐水口自体が腐食しています。

吐水口が腐食していると、パッキンを新しくしても水漏れは直りませんので、吐水口を交換しなければなりません。

購入した新しい吐水口にはパッキンも付いていますので、パッキンだけ交換せずに吐水口ごと交換する方が効率駅です。

 

吐水口

 

※吐水口にはサイズがありますので、使用している蛇口に合うかどうか調べてから購入してください。

 

グリスについて

動画内でも使用しているグリスは、ネジの噛み合う部分に塗布することによって、潤滑油のような働きをします。

新品の蛇口を触ってみるとわかると思いますが、あらかじめ塗布されているものです。

劣化してくると、グリスもなくなっていきますので、修理のときに塗布しなおすことは必須ではありませんが、蛇口の動きを滑らかするのに効果的です。

 

グリス

 

まとめ

蛇口から水漏れしている原因は主に2つあります。

吐水口から水漏れが止まらない場合は、まず給水栓上部を購入して交換してください。

蛇口本体から水漏れしている場合は、吐水口の接続部なら吐水口を交換、それ以外のなら基本的に蛇口本体の劣化なので、本体の交換をおすすめします。

もっとも、まずは止水栓で水を止めてからというのを忘れないでください。

スポンサーリンク
水道
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
いりうわのブログ

コメント