スポンサーリンク

接触通知アプリcocoaの仕組みは追跡 ガラケー起動だと不具合か

新型コロナ
スポンサーリンク

2020年5月25日、全都道府県で緊急事態宣言が解除されました。

これに伴い国内の経済活動も再開しつつありますが、「第2波」が来ることも予想され、まだまだ予断を許さない状況に変わりはありません。

緊急事態宣言解除の記者会見において、安倍首相は以下のような内容を述べられました。

外出自粛のような社会経済活動を制限するようなやり方はできる限り避けたい。そのためには感染者をできるだけ早期に発見する、クラスタ対策をいっそう強化することが必要。そのカギが、接触確認アプリの導入。

新型コロナ感染者と濃厚接触した可能性がある人に対して、通知してくれるアプリを6月中旬をめどに導入するというのです。

このアプリによって感染者と接触した可能性があると通知されれば、迅速に自身で健康状態の確認を行い、人との接触を避けることが可能になります。

ただ、このコロナ接触通知アプリですが、6月中旬の導入を前にまだ不明な点も多く残されています。

その中で、特にシニア層に心配されている点がガラケーでは使えない恐れがあるということです。

もっとも、Bluetooth対応のガラケーであれば使える可能性があります。

ただ、それでも例外的に使えるという程度に考えていた方がよさそうです。

このアプリが今後アップデートを重ねていく中で、グーグルとアップルが基本想定していくのは、スマホユーザーであることは間違いありません。

このアプリは人口の6割以上に普及して効果が得られるものとされています。

今後、私たちはより高性能なマホへの機種変更ガラケーからスマホへの買い替えを余儀なくされるでしょう。

この記事は、新型コロナ濃厚接触通知アプリの使い方の説明をしながら、ガラケーからスマホへ早めの買い替えをおすすめするものです。

 

今は半年間0円⇒格安SIMは、安心のBIGLOBEモバイルで♪

接触通知アプリcocoaの仕組みは追跡 ガラケー起動だと不具合か

このアプリ開発をめぐっては、基本ソフト開発大手のグーグルアップル接触情報を相互利用できるシステムを共同開発すると発表し、提供を始めました。

Bluetooth(近距離無線通信)を利用したアプリですので、基本的にBluetooth対応ではないガラケーでは今のところ利用できない可能性があります。

アプリの仕組み

本人が同意してアプリをダウンロードする

日本ではプライバシーに配慮して、公的機関が恣意的に情報を得ることができないように、アプリを利用する意思は個人に委ねられます。

アプリを使っている者同士が接触

Bluetooth技術を利用して、1メートル以内で15分以上という濃厚接触条件を満たすと、接触した者を互いに判別して双方の端末に暗合化して記録を残します。

この記録は2週間後に自動で削除されます。

アプリ利用者の陽性が判明

医療機関を受診したアプリ利用者が陽性診断を受けた場合、感染者本人が感染したことをアプリで申告します。

申告は任意であり、本人が申告しないことも可能です。

感染者との接触記録が通知される

申告した感染者と2週間以内に濃厚接触したアプリ利用者のスマホに通知が届きます。

通知が届いたこの濃厚接触者がさらに申告することで、保健所が把握し拡大状況を追うことができます。

濃厚接触者が申告するかどうかも任意です。

アプリ利用者のプライバシー

上記の仕組みを読むとわかるように、このアプリはかなりプライバシーに配慮した形がとられています。

ITを活用した接触確認は、すでに各国で導入がはじまっています。

中国や韓国は、個人情報や行動履歴まで把握できる仕組みなのに対して、日本の場合は具体的な接触日時や場所、誰が感染したかもわからないようにしています。

もちろん、感染者の個人情報を政府が把握することもありません。

通知アプリの疑問点

6月中旬の導入までにはっきりすればよいのですが、いくつか疑問点が残ります。

  • 申告はあくまで任意なので、利用者の良心に依存するしかないのに効果はあるのか
  • 感染者を装って虚偽申告するなど混乱をまねく不心得者に対する策はあるのか
  • ガラケーでも利用できるのか
追記※2020年6月19日にプレビュー版(試用期間)がリリースされています。厚生労働省によると感染者の報告には保健所などから通知される処理番号が必要なので、いたずら目的の虚偽報告等はできないことが明らかとなりました。

ガラケーが消滅する時期

もうすぐガラケーが使用できなくなるといわれています。

ただし、それは3Gサービスという古いガラケーのことで、4GLTEのガラケーはこの先もまだ使えますので、スマホに買い替えを検討されている方は、しっかり確認してください。

3Gガラケーの利用ができなくなる日

NTTドコモ⇒2026年3月31日
                 au⇒2022年3月末
ソフトバンク⇒2024年1月下旬

 

ネコのCMで人気の格安スマホプラン⇒Yモバイル

通知アプリはガラケーでも利用できるか

前述した3Gガラケーは使用できなくなる日が近いこともあり、通知アプリ対応は困難でしょう。

いわゆるガラホのような4GガラケーはBluetooth対応であれば利用できる可能性は高いです。

しかし、グーグルとアップルの共同開発で今後もアップロードしていくことを考えると、早めにスマホでの利用を検討した方がよさそうです。

 

格安スマホ⇒OCNモバイルONEの端末セットはコチラから!

スマホの選び方がわからない方は⇒格安スマホはなぜ安い?プランに合った一番得する選び方

最後に

新型コロナ濃厚接触通知アプリの普及がきっかけとなって、ガラケーからスマホへの買い替えが進む根拠を述べてきました。

一方、アプリの効果を上げるためには人口6割以上の普及が必要です。

今後、政府が何らかの施策を打ち、効果的な数まで普及を推進させると考えられます。

まずは、スマホを持っていない方にスマホを普及させることが喫緊の課題となるはずです。

このような時代の波に取り残されないように、私たちも早めに行動を起こしておくべきでしょう。

参考記事⇒格安スマホは2台持て~コロナ終息までスマホが品薄になる可能性~

 

 

 

スポンサーリンク
新型コロナ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
いりうわのブログ

コメント