スポンサーリンク

コロナ接触アプリcocoaの仕組みがもたらすスマホアプリの未来

新型コロナ
スポンサーリンク

新型コロナウイルスによる感染の第2波が懸念される中、6月中を目途に新型コロナ濃厚接触通知アプリの導入が進められていることを、安倍首相が会見の場で述べました。

アプリに関して詳しくは⇒参考記事:コロナ接触通知アプリで変わる生活~ガラケーからスマホへ完全移行か~

このアプリはGoogleとアップルが共同開発しており、Bluetooth(近距離無線)の機能を用いて特定の人物と過去に接触したことがあるかわかるというものです。

確かに、今回は感染防止策のひとつとして期待されます。

しかし、この接触通知アプリは、考えてみるとこの先色々な分野での応用が可能であり、将来使い方によっては大変なリスクを伴ったアプリになるかもしれません。

この記事では、接触通知アプリの機能を応用すると、将来的にはどのようなことが可能になるのかご紹介します。

コロナ接触アプリcocoaの仕組みがもたらすスマホアプリの未来

新型コロナ接触通知アプリは、まずアプリをダウンロードするかどうかはその人の自由です。

また、コロナ感染者が自分が感染したことをアプリを通して報告することも任意であり、黙っていることも自由です。

今回のコロナ接触アプリは、このように極力プライバシーに配慮した形がとられています。

しかし、将来、もしこの技術を応用して作られた接触通知アプリが導入されたとしたら、同じようにプライバシーに配慮されている保証はありません。

事実、日本以外では、今回のコロナ接触通知で特定した人物やその居住地域を政府が把握できる国もあるのです。

そういった配慮を欠いたアプリも未来では普通に使用されているかもしれないのです。

防犯

今後の接触アプリ技術の応用として、もっとも可能性が高いのは、警察などの捜査機関が接触通知アプリを使用して防犯に活用することです。

危険人物との接触

被害者保護の観点から危険人物が近づくことを知らせたり、あるいは捜査協力としていわゆる犯人の面通しを省いて、過去の接触から犯人の特定をしたりとその利用範囲は多岐にわたります。

また、ストーカーやDVの被害者が、親族や子供が接触されていないか調べるためにアプリを使うことも想定されます。

訪問者の照会

建物にもBluetoothの機能を取り付けておくことによって、自宅を訪ねてきた者が何者であるのかがわかります。

例えば、〇〇会社と名乗っていたが「詐欺ではないか」と不審に思った時に、接触者情報を調べてみれば訪問者が嘘を言っていないかわかります。

窃盗犯の特定

同様に、物品に対してもBluetooth機能を付けることができれば、本人以外の接触履歴から犯人をすぐに特定できます。

身近なところでは、自転車や傘の窃盗犯などをすぐに探し出せるということです。

不倫や浮気相手の調査

接触者の性別や時間と場所は、今のアプリの技術で十分特定は可能であり、プライバシーなどが排除されれば最も利用頻度が高いアプリになるのではないでしょうか。

不倫や浮気の調査依頼は警察よりも探偵の仕事ですが、年中、依頼の数は尽きないと聞きます。

参考記事⇒不倫する理由と世間がそれを執拗に叩く理由

教育

学校などの教育現場でも接触通知アプリの機能は応用できます。

出欠確認

教育する側で常に顔と名前が一致すれば問題ないのですが、大学などの学生数が多い場所では学生の出欠確認が困難なことがあります。

教授のほうで、講義が終わるたびに履修登録者との接触を確認できれば出欠確認の手間はかからなくなります。

替え玉受検

試験を受けたものとの接触履歴が入学者と一致していることを学校が確認できればば、替え玉受検は完全にできなくなります。

ビジネス

ビジネスで応用する方法も多岐にわたります。

お一人様一回限り

特売や何かのキャンペーンなどでよくこのような文句を見かけますが、いちいちこれを確認しているのでしょうか。

接触通知アプリが一度接触したことを教えてくれるようになります。

リピーターの管理

店舗にとって、よく来て下さる常連客を大事にすることは基本です。

このお客様がどれくらいの頻度で来店してくれているのか、すぐにわかれば新人でも共有できるので企業にとってプラスです。

宅配・郵送の管理

追跡機能はすでに導入している企業も多いのですが、接触通知アプリによって宅配人が実際に届け先に手渡ししたのか、置き配したのかが把握できます。

また毎年、年賀状を届けるのが面倒で廃棄するといったアルバイトの事件が起こりますが、アプリによる管理が可能です。

産地偽装の防止

スーパーなどで野菜を買う時に「私がつくりました」といった言葉をそえた農家の写真が一緒におかれていることがありますが、本当かどうか調べようがありません。

物にもよりますが、将来はバーコードなどを合わせて活用して、その写真の地元の農家が接触した野菜かどうかも証明できるようになり、産地偽装を防ぎます。

医療

今のところ病院内でのスマホは使用禁止です。

患者の取り違え

忙しい医療現場ではカルテの間違いなどもあり、思いのほか患者の取り違えも起こるそうです。

接触通知アプリ機能の応用で前回の接触履歴から次の治療工程が決められれば、たとえ患者の顔を見なくても正確な対応ができます。

また、赤ちゃんの取り違えがもし現実に起こることならば、同じように母親との接触履歴で取り違えを防止できるでしょう。

交通機関での忘れ物

例えばタクシーの中で、カバンを置いてきてしまったというような時、自分で気が付いたのなら、すぐに電話すればよい話です。

しかし、持ち主が酔っていたなどの理由で忘れ物に全く気が付かなかった時は、交通会社の方が、忘れ物を発見したおおよその時間から接触したお客様を割り出し、忘れ物を知らせることができます。

最後に

新型コロナ接触通知アプリの機能が、将来的には色々な分野で利用可能であり、それは場合によっては、プライバシーの欠如や管理社会の強化を招き得るかもしれないことを述べてきました。

便利な機能に思えますが、特定の人物等に接触したことが他人にもわかってしまうというのは、案外危険をはらんでいるということもわかったのではないでしょうか。

ただ、あくまで将来起こり得る可能性のある仮定の話ですので、実現までにはここで書ききれなかった問題点が山ほどあるということも覚えておいてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク
新型コロナ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
いりうわのブログ

コメント