スポンサーリンク

麻雀初心者におすすめの話 ゲームアプリでは教えない賭け麻雀の現実

一人暮らし
スポンサーリンク

いつまでも外出自粛が続くと家でやることも限られてきます。

一人暮らしの場合、ゲームや読書など普段は仕事が忙しくてできなかったことをやる良い機会となるかもしれませんが、住まいに家族やルームメイトがいるような人は何をして過ごしているのでしょうか。

最近は人生ゲームのようなテーブルゲームが人気だと聞きます。

そしてもうひとつ、テーブルゲームの一種ですが、老若男女を問わず人気が高いのが麻雀です。

一昔前までは、賭博、喫煙、徹夜などの不健康で悪いイメージが強かった麻雀ですが、認知症予防などの脳トレに寄与する部分もあると言われ始めて、「健康マージャン」と呼んで普及する向きも生まれました。

また、ゲームセンターからオンラインゲームへと大衆娯楽化が発展し、いつでもどこでも麻雀が打てるようになったことも人気に拍車をかけました。

麻雀初心者におすすめの話 ゲームアプリでは教えない賭け麻雀の現実

この記事は、麻雀に少しでも興味がる方に役や詳しいルールを知らなくても、まずは入門編として知っておいてほしい情報をつの分野から紹介します。

もっとも、今いるほとんどの麻雀好きの方は、この4分野のどれかを見て麻雀のファンになった方が圧倒的に多いはずです。

すなわち、

  1. 麻雀オンラインゲーム
  2. 有名な雀士
  3. 麻雀漫画
  4. 麻雀アイドル

順番にご紹介していきます。

麻雀オンラインゲーム

ゲームセンターで麻雀ゲームが流行していた頃は、コンピューター相手に対戦型の麻雀を打つもので主に脱衣系でアダルトなゲームの代名詞でした。

実際に4人で卓を囲んで打つ方が何倍も楽しいのですが、場所とメンツを確保することが難しいのと、麻雀牌を混ぜる大きな音のせいで、特に深夜はどこでもできるというものではありませんでした。

そのような理由から、わざわざ雀荘に行かずとも不特定多数の麻雀好きといつでも打てるオンラインゲームは、爆発的に広がっていきました。

例えば、東風荘麻雀格闘俱楽部などはその先駆けです。

現在人気のオンライン麻雀の一例です。

麻雀天聖

完全無料、登録なしで遊べます。

4人打ちはもちろん、3人麻雀もあるので、好みに合わせた対戦が可能です。

麻雀ロワイヤル

ヤフーモバゲーの中のゲームコンテンツの一つです。

モバコインと呼ばれるゲーム内の通貨を購入しなくても、一日一回無料でプレイできます。

初心者も多く参加している印象です。

麻雀フラッシュ

コンピューター相手でまずは実力を高めたいという人におすすめです。

慣れてくると、人の癖や心理戦のない麻雀に物足りなくなってきますので、それからオンライン対戦を始めてもいいと思います。

 

有名な雀士

およそ麻雀を打つもので、この名前を知らないはずはないというほと有名な方たちです。

それそれが日本の麻雀の新時代を築いてきた立役者と称され、各人の麻雀哲学や流派に心酔するファンは数多くいます。

阿佐田哲也

本名は、色川武大(いろかわたけひろ)であり、阿佐田哲也はいくつかあるペンネームの一つです。

有名な小説「麻雀放浪記」の作者で、戦後の麻雀をギャンブルではなくもっと知的なゲームとして世に知らしめた人です。

週刊少年マガジン連載の「哲也~雀聖と呼ばれた男」のモデルとしても有名です。

ナルコレプシー(眠り病)という難病に終生悩まされていたといいます。

小島武夫

日本プロ麻雀連盟初代会長、「ミスター麻雀」とも呼ばれていました。

麻雀のイカサマについて詳しく、解説したり、相手のイカサマを見破ったりすることが得意でした。

雀士としては、大きな役を手作りし魅せる麻雀を心情としていたため人気がありました。

櫻井章一

雀風や麻雀を通した生き方を指導する「雀鬼流」で有名です。

相手の手を言い当てたり、麻雀とは関係ないことでも予知能力のようなものがあったという逸話が多数あり、弟子からは超能力者だと言われることもあったといいます。

20年間無敗の雀士としても知られています。

麻雀漫画

 

アカギ

「天~天和通りの快男児」「カイジ」で知られる福本伸行の漫画です。

裏社会を牛耳る深淵の男アカギは、最初「天」に登場した人物でしたが、若かりし頃のアカギが描かれたのがこの「アカギ」です。

闇に降り立った天才アカギの物語。

哲也~雀聖と呼ばれた男

前述しました阿佐田哲也をモデルとした、さいふうめいの麻雀漫画です。

阿佐田哲也ファンはこの漫画か小説「麻雀放浪記」を呼んで麻雀に夢中になることが多かったです。

麻雀のイカサマや玄人(ばいにん)と呼ばれる昔のプロ雀士の技が多く出てくることも特徴です。

咲~saki

小林立の美少女系麻雀漫画です。

ギャンブルや不健康といった麻雀の負のイメージを払拭した新しい時代を如実に描いた麻雀漫画といえます。

美人女流雀士の台頭と同時に、麻雀を若い女性の間にも広げた一つの功績ともいえる漫画です。

麻雀アイドル

女性や若い世代にも門戸を広げた麻雀は、テレビタレントにもその魅力は波及しました。

麻雀好きを公言する有名タレントは多いですが、直近でかつ、麻雀のイメージとは遠く意外性が強いアイドルをご紹介します。

雀力などは度外視します。

中田花奈

女性アイドルグループ乃木坂46のメンバーで、メンバーの中でも頭脳明晰です。

スタッフと麻雀卓を囲んでいたことが高じて、いまでは麻雀の冠番組を持つまでに至っています。

白石麻衣

同じく乃木坂46のメンバーで、すでにグループの卒業を発表していますが、新型コロナの影響で卒業コンサートが延期されています。

メンバーの影響もあり、麻雀にハマっていることを公言していることで、卒業後は麻雀関係の仕事や番組出演も期待されます。

麻雀の違法性

最後に、麻雀の法的グレーゾーンな部分についてお話ししておきます。

ネット上などでよく話題にされるのは次の2点です。

  • 雀荘の営業時間
  • 賭け麻雀は賭博罪

雀荘の営業は風営法の許可が必要ですので、その法律にしがたい深夜0時から6時までは営業できないことになっています。

それでも実際は、室内のカーテンを閉めて営業を続けている店がほとんどです。

また、2020年5月21日のニュース「黒川弘務東京高検検事長が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言下、東京都内の新聞記者宅で賭けマージャンをしていた」問題により、賭け麻雀が一気にクローズアップされました。

しかし、雀荘の営業時間と賭け麻雀については、なぜ黙認されているのかを明確に回答しているメディアはまず見かけません。

営業時間については風営法違反であることは明白ですが、捜査当局が一斉摘発に動いて起訴するということ自体が社会的に見て、必要性やニーズが今はそぐわないのでしょう。

賭け麻雀も明らかに賭博罪に問われる行為ですが、

負けた者の支払いが本人によって行われない場合(たとえば大会においてスポンサーがあり、勝者に賞金を提供するなど)、または勝った者の利益が本人の手に渡らない場合は賭博罪には当たらない。

金銭授受の有無は基本的に当事者が認めるしかないことなので、グレーゾーンの根拠となっているようです。

従って、黒川元検事長の件も不適切な行為として辞職に至ってはいますが、賭博罪の罪に問うことができるかどうかは、麻雀の勝ち負けによって1円でも金銭授受があったことを立証しないといけないということになります。

クリーンなイメージになりつつある麻雀ですが、まだまだ闇の深い部分が残っているようです。

でも家庭で楽しむ分には問題なし⇒全自動麻雀卓

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
一人暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
いりうわのブログ

コメント