スポンサーリンク

不具合多い接触確認アプリcocoa 感染疑いあれば相談窓口へ電話

新型コロナ
スポンサーリンク

いっこうに収束の兆しを見せない新型コロナですが、もし自分が「感染したのではないか」と思った時、皆さんはどうしますか?

例えば、スマホアプリの「感染者接触通知アプリ(cocoa)」は感染者との濃厚接触があった場合、お知らせしてくれますが、実際の現状は感染経路不明の感染者がかなり多いのです。

また、アプリにはまだまだ不具合も多いとの声もあり、「cocoa」をインストールしているから大丈夫だとはとても言えません。

この記事は、急な発熱などで万が一、自分が感染した疑いが出た場合にどう行動すればよいか分からない人に有益な情報です。

まず何をするべきか。

それは、すぐに病院へ行くことではなく、しばらく様子を見るでもなく、お住まいの都道府県相談窓口に電話することです。

相談窓口とは実際にどういったことを聞かれ、どのような対応をされるのか、私が実際に相談してみましたので、詳しくご説明します。

不具合多い接触確認アプリcocoa 感染疑いあれば相談窓口へ電話

各都道府県は、新型コロナ感染の疑いがある人が相談できる連絡先として、だいたい3つの窓口を用意してあります。

各都道府県のホームページに必ず記載があるはずですので、参照してください。

各都道府県が設置している電話相談窓口

○○県電話相談窓口となっていて、県庁の中にある担当部署が応対してくれているようです。

土日祝日を含む24時間連絡が可能で、感染の疑いに関する一般的な相談窓口はこちらになります。

帰国者・接触者相談センター

一見すると、国外から戻ってきた人などを対象に特別な対応が必要な人しか電話してはいけないかのうに思えますが、全く気にする必要なく、一般的な相談も可能です。

重症化が懸念される方や妊婦、小さいお子様の感染が心配な方などはこちらに連絡するようになっていますので、県庁よりも幾分専門的な知識を持った方が対応しているようです。

そのため、この相談センターは保健所の中に設置している自治体も多いです。

厚生労働省(フリーダイヤル)

厚生労働省に直接電話なんて「大丈夫かな」と少しためらってしまいますが、対応は他の窓口同様なので何も心配いりません。

 

上記3つの相談窓口はどれに電話してもほとんど変わりありません。

電話がつながりにくいこともあるようですので、相談窓口を複数設けているという理由もあります。

相談窓口で何を聞かれるのか

私が連絡したのは、市の保健所にある帰国者・接触者相談センターでした。

電話をかけるとすぐに女性の方が出られて、以下のことを質問されました。

  1. 詳しい症状
  2. 年齢
  3. 持病はあるか
  4. 発熱はあるとすれば何度でいつからか
  5. 仕事は何をしているか
  6. 仕事場のだいたいの住所
  7. 感染者と濃厚接触したという覚えはあるか、また周りにいるか

名前などの詳しい個人情報を聞かれることはありません

ひととおり質問に答えると、結論としては熱がさほど高くないことから、熱中症だろうと言われました。

そして、熱中症といわれてからは、食事や水分などの適切な熱中症対策についての説明を受けました。

相談窓口の印象

とても真摯に対応してもらっていると感じましたが、電話ごしにいくつか質問をしただけで、そんなに簡単に結論付けてしまって大丈夫なのだろうかという多少の疑問は抱きました。

おそらく誰でも気軽に相談できるので、例えば、ほとんど感染に関係ない方でも電話してくることがあるのでしょう。

PCR検査について

相談してくるほとんどの人は、その不安からPCR検査を受けさせてほしいと思っているはずですが、この3つの相談窓口はいずれも検査を受けさせる権限は持っていません。

あくまで相談窓口であって、聞いた症状から判断して「医師の診断を受けてください」というのが最大限できることになります。

そして、病院へ行き医師の診断によってPCR検査を受けるかどうかは決定されます。

最後に

感染していないか不安なのに、簡単な質問で判断されるし、PCR検査も受けられないなら、何のための相談なのかと思ってしまうかもしれません。

相談窓口がある理由は、不安に駆られた大勢の人が病院へ押しかけて医療崩壊を招く危険をさけること、また、感染疑いのある人がどの地域に集まっているかなどのデータ収集の意味もあると考えられます。

現在は削除されましたが、2020年4月までは相談する目安として、37.5以上の発熱が4日以上続くことという文言がありました。

感染しても無症状の方もいるので、これは削除されたのですが、このことからもやはり電話相談だけで感染の有無を判断するのは難しいといえます。

自分が本当に感染した可能性が高いと思っている場合、窓口にはその旨を強く訴えなければ、なかなか伝わらないということも心に止めておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
新型コロナ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
いりうわのブログ

コメント