スポンサーリンク

パチンコや居酒屋が禁煙 タバコを吸うと罰則もあるが吸える場所は?

スマホ
スポンサーリンク

健康増進法が改正され、受動喫煙対策法が2020年4月から全面施行されました。

何がどうなったのかご存じない方も多いと思いますので簡単にご説明すると、受動喫煙を防止するため、多くの人が利用する施設の屋内は原則禁煙となりました。

東京オリンピックに向けての受動喫煙対策として提案された側面があり、開催前の2020年4月1日からの施行となったわけです。

施行されて少し経ちましたが、新型コロナウイルスの影響が強すぎて、世間一般には今一つ浸透されていない印象が否めません。

愛煙家は飲食店等に入って、タバコにライターを点けようとした時「4月から禁煙になりました」と言われて面喰い、そこで初めて受動喫煙対策法の存在を知るのが実状です。

この記事はタバコを吸う人にも吸わない人にも読んでもらい、受動喫煙対策法の存在を少しでも広く知らしめる目的があります。

タバコを吸う方にとっては、屋内原則禁煙となった今、どこでどうやってタバコを吸えばよいか。他方、禁煙を掲げる施設側の立場からはどのような対応をとるべきか、合わせてご説明します。

パチンコや居酒屋が禁煙 タバコを吸うと罰則もあるが吸える場所は?

屋内禁煙なのですから、当然屋外ならOKということになります。

そうは言っても、きちんとした喫煙コーナーでもなければ、店前の道端で喫煙というのも人の目があり、なかなか抵抗があります。

冬の寒い時期などはもう最悪で、そのつど店のドアを開けるのも気が引けます。

一体、どこなら気持ちよく喫煙できるのでしょうか。

タバコが吸える飲食店

  1. 個人経営の飲食店
  2. 中小企業(資本金5000万以下)が経営する飲食店

上記のお店でなおかつ客席面積が100㎡以下の場合は「喫煙できます」等と表示していればタバコを吸うことがでます。(ただし、東京都は条例により異なります)

パチンコ店やカラオケ店は喫煙専用室

よもや、「ここでタバコが吸えなくなるとは!」と思う人も少なくなかったのではないでしょうか。

パチンコ店もカラオケ店もタバコは一切吸えません。

しかし、十分満足とは言えませんが、喫煙専用のスベースを設けているはずです。

屋内は原則禁煙ですが、法律制定と同時にどの店舗も喫煙室設置の動きが顕著でしたので、大手なら喫煙専用室がない店舗はほとんどないでしょう。

電子タバコなら喫煙しながら遊戯できるお店はありますので、スマホで調べてみれば出てきます。例えば千葉県だとマルハン柏店

禁煙施設側の対応

元カラオケ店長の本音

私は大手カラオケチェーン店の店長経験があります。参考:カラオケ店という仕事

社長とも何度か直接お会いしましたが、先見の明があり、法制定の数年前からいち早くカラオケ店舗内禁煙を打ち出していた会社です。

しかし、禁煙のカラオケ店というのはお客様対応に苦労しました。

例えば、パチンコ店なら「タバコが吸えないのならもう行かない」という人がいます。

カラオケ店でも同様な方はおりますが、カラオケの方が個室で閉鎖的なので、他人の目もないという安心感からか、禁煙と言ってもなかなか引き下がらないのです。

やはり客商売ですから、少しでも売り上げを伸ばしたい店長は、こっそり灰皿を渡したり喫煙を見逃したりもしていたようです。

私は頑として喫煙を許さなかったので、暴言を吐かれることもありました。

売り上げの落ち込みは最初こそありましたが、一年もしない内に増収増益となったことで、行い自体は正しかったのだと思えます。

断固とした態度がとれる

元カラオケ店店長だった立場からすると、受動喫煙対策法が施行されて、正直、今の店舗が羨ましいと思っています。

当時、禁煙はあくまで店舗側の努力義務であり、お客様に強くは言えなかったからです

しかし、今は罰則があるのです。

禁煙場所で喫煙した個人に30万円以下、禁煙場所に灰皿などの喫煙器具や設備を設けるなどした施設管理者に50万円以下の過料を科す

 

そうはいっても現状は

冒頭でも述べましたが、受動喫煙対策法はあまり周知されていません。

確かに罰則はありますが、最初は施設側が注意喚起を行い、それでも違反するものに対して、

都道府県知事等が指導⇒勧告・命令⇒罰則

といった手順を踏みます。

これでは、カラオケの個室でグラスを灰皿代わりにこっそり喫煙されたら注意喚起もできず、有名無実となりかねません。

喫煙者の個人情報を店舗の会員証などで調べることもできますが、そこまでやるメリットは店舗側にはないと言えるでしょう。

最後に

結局は個人のモラルやマナーの意識に帰結するのかもしれません。

受動喫煙対策法はある程度、望まない受動喫煙の抑止力になりますが、世間一般に周知されるまでにはまだ時間がかかります。

喫煙者は喫煙できる場所をうまく利用すること、施設側は禁煙場所で喫煙する違反者には毅然とした態度で接するということが大事です。

スポンサーリンク
スマホ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
いりうわをフォローする
いりうわのブログ

コメント